移転しました
http://gyo-ten.doorblog.jp/

2010年09月30日

中国四川省の原始林で発見された、熊に似た謎の生物

F2010040815435203880.jpg

 中国四川省の原始林でこのほど、奇妙な動物が発見された。発見当時は熊かと思われていたという。英「デイリーテレグラフ」が5日に伝えた。

 この動物を発見したロさんは「この動物は一見熊に似ているが、体に毛が全く生えていない上に、カンガルーのような長い尻尾が生えている。鳴き声も熊らしくなく、猫のような声で、いつまでも鳴いている。仲間を呼んでいるのかもしれないし、この種の最後の一匹なのかもしれない」と語る。

 ロさんによると、現地には「熊に変身した人」の伝説が伝わっており、この動物こそが、その伝説の熊なのだと考える人もいるのだという。

 現地の動物専門家は、この不思議な動物を北京に輸送することを考えているほか、DNAテストも行う予定だという。「人民網日本語版」2010年4月8日




posted by 世界仰天生物日記 | 謎の生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髪の毛の三つ編みのように絡み合ったゴボウ収穫される

5221650451.jpg

 髪の毛の三つ編みのように絡み合ったゴボウが、江津市桜江町谷住郷の畑で収穫され、地元の話題になっている。

 収穫したのは近くの農家、舩津光広さん(65)。通常は1本、まっすぐに伸びるゴボウの根が、3本に分かれて絡み合った独特の形状で、舩津さんは「20年前からゴボウを作っているが、こんなのは初めて。三つ編みだから、女の子のゴボウかな」とにっこり。

 県農業技術センター(出雲市)の担当者は「ゴボウはまっすぐに伸びるよう、品種改良されているが、まれにこういうこともあるのではないか」としている。

 同町は、江の川沿いの肥よくな土壌を生かしたゴボウの産地として知られる。('10/09/29山陰中央新報)


ごぼう茶 1.5g×30袋

ごぼう茶 1.5g×30袋

  • 出版社/メーカー: 富山サプリメント
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

手足が生えたような、変わった形のニンジンが英国で収穫される

buzz_1708989c.jpg

 まるで手足が生えたような、変わった形のニンジンが英国で収穫されたと、英デイリー・テレグラフ紙が報じた(Daily Telegraph 2010年9月6日)。

 変わったニンジンを収穫したのは、イングランド南部のオックスフォードシャー州ヘンリーオンテムズに住むクライブ・ウィリアムズさん(68)。夕食に使うニンジンを家庭菜園で収穫したところ、先端が二股に分かれ、上部には横に突き出た部分が2か所あった。

 まるで手足が生えたようなニンジンを見たウィリアムズさんは、すぐに米アニメ映画「トイ・ストーリー」に登場するスペースレンジャーのおもちゃ「バズ・ライトイヤー」を思い浮かべたとのこと。すぐさま家に持ち帰り、3人の孫に見せたところ、3人とも「バズ・ライトイヤーだ」と叫んだという。

 ニンジンを栽培して10年ほどになるというウィリアムズさんは、枝分かれしたニンジンを時折収穫するとのことだが、「こんなニンジンは見たことがない」と話しているという。(国際時事新聞 at 22:13 2010年09月07日)

ミニキャロット(にんじん)20ml

ミニキャロット(にんじん)20ml

  • 出版社/メーカー: 三重興農社
  • メディア:


posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滋賀で恐竜の卵のような白くて巨大な楕円形のキノコが見つかる

20100929-815031-1-L.jpg

 恐竜の卵のような白くて巨大な楕円(だえん)形のキノコ(長径30センチ、短径25センチ)が、近江八幡市野村町の日野川の堤防斜面で見つかり、住人らの話題になっている。

 近くの会社員橋本秀雄さん(60)が25日、草刈り中に発見。表面をたたくと弾力があり、近くの別の株を切ると中は黄色いスポンジのようで、キノコとわかったという。

 県森林センター(野洲市北桜)によると、ホコリタケ科の「オニフスベ」で、若いものは食用にもなる。太田明専門員(60)は「希少種ではないが、30センチ級は珍しい。涼しくなって、一気に成長したのではないか」と話している。観賞などの問い合わせは野村町自治会事務局の今西健さん(090・4033・4037)。(2010年9月29日 読売新聞)

コンパクト気化式加湿器・うるおいきのこ

コンパクト気化式加湿器・うるおいきのこ

  • 出版社/メーカー: ケイランド
  • メディア: おもちゃ&ホビー


posted by 世界仰天生物日記 | 菌類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

山形県庄内地方でアメリカシロヒトリの幼虫が大量に発生

konchu19_l.jpg
962623978.jpg
america_srh.jpg
amerikasirohitori_3.jpg
amerika-sirohitori5.jpeg

 山形県庄内地方でこの夏、庭木や街路樹などの葉を食べるアメリカシロヒトリの幼虫が大量に発生した。被害が大きかった山形県酒田市では、市が実施する個別駆除が追いつかない状況になり、防除方式の見直しも検討されている。
 酒田市では2003年から、要請があった世帯へ個別に駆除班が出動し、薬剤を散布している。今年の駆除は約2100世帯に上り、08年の約1100世帯、09年の約1300世帯と比べて大幅に増えた。
 市中心部の飲食店経営の男性は「今年は特にひどく、家の中にまで入ってくるありさまだ。相談が殺到して、駆除の順番がなかなか回ってこなかった」と話す。
 アメリカシロヒトリの繁殖は、前年から越冬した個体が卵を生んで5〜7月に増える「第1世代」と、第1世代が親となって8、9月に発生し、さなぎになって冬を越す「第2世代」に分けられる。
 酒田市によると、今年は第2世代が爆発的に増加。作業班を通常の1班3人の2班体制から3班体制に増やし、作業期間も1週間延長した。駆除費用も当初の予算約570万円を上回るのは確実だという。
 鶴岡市や庄内町は、自治会などへの防除機の貸し出しで対応しているが、貸出件数は例年よりも増え、薬剤も追加発注したという。
 酒田市農林水産課の担当者は「今年は、前年までの増加傾向に加え、高温、小雨の異常気象の影響がある。来年も増えることが予想される」と警戒。住宅地など周辺環境の安全性を考えて02年を最後にやめた薬剤の一斉散布方式の復活も検討しているという。9月28日(火)6時13分(河北新報社)


虫 毛虫 イミテーショングッズ いも虫 昆虫

虫 毛虫 イミテーショングッズ いも虫 昆虫

  • 出版社/メーカー: 既製品
  • メディア: おもちゃ&ホビー



posted by 世界仰天生物日記 | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内臓や骨まで透けて見えるカエルを、広島大理学研究科が作製

20100927-778266-1-L.jpg

 皮膚の色素がほとんどなく、内臓や骨まで透けて見えるカエルを、広島大理学研究科の住田正幸教授らが作製し、大量に生み出すことに成功した。これまでに透明なメダカや金魚の開発例はあるが、両生類では初めて。解剖せずに体内を観察できるため、医療研究の実験動物に利用できる。10月にも提供を始める予定。

 住田教授らは、通常は褐色だが、まれに現れる黒の色素や光沢成分を持たないニホンアカガエルの突然変異体2匹を野外から探し出した。6世代にわたり人工交配を重ね、透けるほど皮膚の色が薄い「透明ガエル」を誕生させた。今年に入り、効率的に生み出すことにも成功し、現在は約200匹まで増えた。

 卵やオタマジャクシも透明に近く、内臓の成長や変化、病気の進行などを長期間生きたまま観察できる。このため、複数の研究機関が入手を要望しており、同大学が提供準備を進めている。

 ユニークな外観から、ペットとしての販売を希望する企業からの申し出もあり、一般向けの提供についても検討中。遺伝子組み換えで作製しておらず、品種改良した金魚などと同様、ペットとして飼うことに問題はない。仮に逃げ出して通常のカエルと交配しても、“透明”の特徴は劣性遺伝のため、次世代以降に表れることはないという。

 現在の透明ガエルは、腹はほぼ透明だが、背中は黄色の色素が多く残っているために透明度が少し低く、住田教授は「黄色の色素がない個体をかけ合わせ、さらに透明度を高めたい」と話している。(2010年9月27日 読売新聞)


缶クラッシャー かえる君

缶クラッシャー かえる君

  • 出版社/メーカー: 富士パックス販売
  • メディア: ホーム&キッチン



posted by 世界仰天生物日記 | 両生類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

犠牲者300人ともいわれる人食い巨大ワニ「ギュスターブ(Gustave)」

gustave_003.jpg
Gustave.jpg
crocodile-gustave.jpg


ギュスターブ(Gustave、別名ギュスターヴ・グスタヴ)は、ブルンジのタンガニーカ湖およびルジジ川に生息する、巨大なナイルワニである。

ナイルワニの中でも最大と言われる人食い巨大ワニである。 現地人や関係者によると、ギュスターブの犠牲者は300人を超えると言われている。(このことは、テレビ番組『奇跡体験!アンビリバボー』や『モクスペ』などで紹介された)。 人間に危害を加えるワニのため、過去に何度か射殺を試みられたが、すべて失敗に終わっている。全身には機関銃や拳銃による弾痕が大量にあるものの、すべて鱗までで止まっているため傷は完治している(通常のワニはライフルで射殺が可能)。その鱗は映画『カニング・キラー 殺戮の沼』で、防弾チョッキと称されている。 現在は消息不明となっており、軍隊か密猟者に射殺された可能性があると推測されている。 通常の銃では射殺は不可能なので、腹部を見せたときに腹部を撃たれた可能性がある。なお、ギュスターブが消息を絶ってからワニによる被害は起きていない。
しかし、2009年1月、ギュスターブは再度ルジジ川で、住民により目撃された。これにより、まだ同川で生活している可能性が高い。

全長670cm〜800cm。巨大ワニといわれるだけあり、全長800cmはあると思われる。 全身に弾痕があるものの、鱗が頑丈なため傷は完治している。 性別は雄。完全な成体で年齢は100歳以上という説もある。

ブルンジの内戦中に川に遺棄された戦死者の遺体を捕食してしまったために、人食いワニになったと専門家は見ている。 他の成体のワニが子供に見えるほどの巨体を誇り、住民の家畜の大型の牛や馬なども単体で水中に引きずり込み捕食してしまう。 また、成獣の雌カバを捕食した例もあるという。(Wikipedia)


ナイルワニの最後の祝宴 [DVD]

ナイルワニの最後の祝宴 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東芝デジタルフロンティア
  • メディア: DVD


posted by 世界仰天生物日記 | 爬虫類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界一怖い物知らずの動物としてギネスブックに登録されている「ラーテル」

6dfad231.jpg
e6263d71.JPG
Honey_badger.jpg

全長約80- 110cm(体長(頭胴長)約60- 80cm、尾長約20- 30cm)、体重約7- 14kg。頭部から背面、尾にかけては白い体毛で覆われる。吻端から腹面、四肢にかけては黒い体毛で覆われる。皮膚は分厚く、特に頭部から背にかけての部位は、伸縮性の非常に高い、それでいて(ライオン等の)牙や(ヤマアラシ等の)針をも通さない硬さを併せ持つ、柔軟な装甲となっており、生態的にもこれを最大の武器としている動物である。
外耳は小型。四肢には大きく発達した鉤爪(かぎづめ)が生える。肛門の近くに臭腺を具える。
生態 [編集]
群れは形成せず、単独もしくは番い(つがい)で生活する。夜行性であるが、昼間に活動することもある。
食性は雑食で、小型の動物(虫・両生類・爬虫類・小型哺乳類など)のほか、果実などを食べる。広範囲を歩き回り(地を這うような低姿勢ながら、走法はウマが見せるパッ サージュと同じ)、目に入った捕食対象を手当たり次第口にする。発達した鉤爪を使って、素早く穴を掘ったり木に登ることもできる。
蜂の巣を襲って蜂蜜を食べることもあるが、その際にノドグロミツオシエやウロコミツオシエといった特定の「蜜教え」の小鳥(ミツオシエ科)との間で共生関係が見られる。これらの小鳥はけたたましい鳴き声を挙げながらラーテルの周囲を飛び回り、蜂の巣を見つけたことを伝えた後、その在り処まで先導をする。目的地に辿り着いたラーテルは力任せに巣を壊し蜜を得るが、蜜教えの小鳥達は道案内の報酬としておこぼれの蜜蝋にありつく。地上棲のラーテルは小鳥のように目ざとく蜂の巣を見つけることはできず、小鳥は見つけた巣を襲うだけの力を持たない。そこでラーテルと蜜教えは協力し、それぞれの特技を活かして一つの目的を達成するのである。
性質は荒く、捕食こそしないもののライオンやアフリカスイギュウ等の大型動物に立ち向かうこともある。背中に柔軟な皮の装甲を持つため、体を裏返しにでもされない限りライオンの牙も鉤爪もラーテルに傷を負わせることはできない。ライオンやブチハイエナが生息しない岩石砂漠や礫砂漠の生態系においては、ラーテルは事実上生態ピラミッドの頂点に位置する。(カッショクハイエナ等、砂漠に棲むハイエナ類は下位)。
危険を感じると臭腺から臭いの強い液体を噴射する。
コブラ科の蛇が持つ神経毒に対して強い耐性を持つ。そのため、たとえこれらの毒蛇に咬まれても一時的に動けなくなるだけで、数時間後には回復し活動を再開する。
以上の様に、ライオンやコブラなども恐れず、何にでも手を出して食べようとする貪欲さから、「the most fearless animal (世界一怖い物知らずの動物)」としてギネスブックに登録されている。(Wikipedia)

[REDECKER/レデッカー]シェービングブラシ(アナグマ毛)

[REDECKER/レデッカー]シェービングブラシ(アナグマ毛)

  • 出版社/メーカー: REDECKER/レデッカー
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


posted by 世界仰天生物日記 | 哺乳類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

兵庫県岩美町の山陰海岸学習館で、腕を8本持つ珍しいヒトデが展示される

5220430851.jpg

 5本の腕が人の手のひらのように見えることが、名前の由来とされるヒトデだが、岩美町牧谷の山陰海岸学習館で、腕を8本持つ珍しいヒトデが展示され、来館者の関心を集めている。

 展示されているのは、全国に広く分布するイトマキヒトデ。直径約15センチで、表面に赤い斑点がある。8月に兵庫県新温泉町の海岸で地元の男子小学生が見つけ、同館に持ち込んだ。本来は5本の腕を持ち、星のような形をしている。

 同館によると、ヒトデの形状に関する研究はあまりなく、腕の数が多い原因ははっきりしないが、成長過程の環境や、遺伝的な要因が考えられるという。

 このほか、同町の浦富海岸で学芸員が採集した腕6本のヒトデも展示中。今後、付近の海岸で採集を続け、珍しい形状が出現する割合を調べたいとしている。('10/09/22)山陰中央新報


サファリ ヒトデ(オレンジ)

サファリ ヒトデ(オレンジ)

  • 出版社/メーカー: サファリ
  • メディア: おもちゃ&ホビー


posted by 世界仰天生物日記 | 軟体生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

不気味な生物「チンチロフサゴカイ」

DSCF0043.jpg
Loimia_verrucosa_tntrhsgky01.jpg
tintirohusagokai-miho.jpg


体は円筒形で、前半はやや太く後方にいくにつれて細くなって終わる。太い部分が胸部であり、細くなった部分からが腹部である。疣足は目立たない。体には黒っぽいまだら模様がある。
頭部からは多数の口触手が出る。触手はごく細くてよく伸び縮みし、伸びた時には体長よりはるかに長くなる。細くて白く、ピンク色の斑紋があって縞模様に見える。胸部の第二節からの三つの節からはそれぞれ一対ずつの鰓がでており、これは枝分かれして樹枝状になり、赤く染まる。

砂粒を集めて固めた棲管の中で暮らす。往々に潮間帯の大きめの転石の下面にこのような棲管を見ることができる。本体はこの巣穴から出ず、その先端の円く開いた口から、触手を周囲の底質の上に伸ばす。この触手には溝があって繊毛がはえており、これでデトリタスを集めて食べる。いわゆる繊毛粘液摂食である。
巣穴から引っ張り出すと体をくねらせてよく泳ぐことができる。多数の長い触手を振りながら泳ぐ姿はかなり異様である。ただし短い時間に限られ、やがて底に沈むと体を丸くとぐろを巻くことが多い。(Wikipedia)


擬態の進化―ダーウィンも誤解した150年の謎を解く

擬態の進化―ダーウィンも誤解した150年の謎を解く

  • 作者: 大崎 直太
  • 出版社/メーカー: 海游舎
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 単行本


posted by 世界仰天生物日記 | 軟体生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

シマウマとウマから生まれた異種交配の雑種「ゾース」

ダウンロード.jpg

ゾース(zorse)は、シマウマとウマから生まれた異種交配の雑種。シマウマ zebraとウマ horseを合わせた合成語。シマウマと他のウマ科の動物との雑種をさすゼブロイド(zebroid)ないしゼブルールzebrule(zebraとラバ:muleの合成語)。のひとつ。雄シマウマと雌ウマとの交雑とされるが、雄ウマと雌シマウマの間でも生まれる。
概要 [編集]

ゾースの外見はシマウマよりもウマに近いが、シマウマの特徴である縞模様が足や胴体に表れる。他の交雑種と同じくゾースにも生殖能力はないとされる。
19世紀末、エジンバラ大学の自然史教授ジェームズ・コーサー・エワート(James Cossar Ewart、1851-1933)は、先夫遺伝の理論や父方の影響を調査するために雄シマウマと雌のウマやポニーを交配させた。その際エワート教授はアラブ種の雌ウマを用いた。同様の実験はアメリカ政府によってもおこなわれ、『Genetics in Relation to Agriculture』『The Science of Life』において報告された。
シマウマ、ロバ、そしてウマはすべてウマ科の動物である。ウマ科の動物は遺伝子に微小な差異があるものの異種交配が可能である。ウマは64の染色体を持ち、シマウマは種により44ないし62の染色体を持つ。ゾースとして生まれる個体はオスもメスも染色体数は63である。
ウマ側に芦毛・アパルーサ・ペイントなどの毛色があれば、生まれるゼブロイドにも同様の毛色が遺伝するものの、白い部分にはシマウマ特有の縞模様が現出せず、白くない部分のみが縞模様となる。シマウマと鹿毛のウマを掛け合わせると鹿毛+黒縞模様となり、シマウマと栗毛のウマを掛け合わせると栗毛+黒縞模様となる。
なお1883年に絶滅したクアッガはシマウマの一亜種でありゾースとは異なる。(Wikipedia)

サファリ レプリカ シマウマ(親)

サファリ レプリカ シマウマ(親)

  • 出版社/メーカー: サファリ
  • メディア: おもちゃ&ホビー




posted by 世界仰天生物日記 | 哺乳類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

岩手県花巻市で見つかった56葉のクローバーが、ギネス世界記録に認定される

PN2010092001000381.-.-.CI0003.jpg

 岩手県花巻市の農業小原繁男さんが昨年5月、自宅の畑で見つけた56葉のクローバーが、ギネス世界記録に認定されたことが20日、分かった。これまでの記録は小原さんが持っていた18葉。

 56葉のクローバーは0・5〜1・5センチの葉が何層にも重なり、全体の大きさは約4センチ。

 小原さんは多葉株を自然交配で掛け合わせ、葉の数を増やすことに取り組むなどの研究を60年以上続けていたが、今年5月に85歳で亡くなった。

 静岡市に住む長男の静岡県立大講師一男さん(59)が小原さんの代わりに認定書を受け取った。

 一男さんは「もう少し届くのが早ければ父に見せることができたが、世界記録として認定されてうれしい。父が毎日、畑の手入れをしていたからこそだと思う」と誇らしげだった。2010/09/20 16:46 【共同通信】


大好き!栽培3個セット  GRE42085 四葉のクローバー 4023g

大好き!栽培3個セット GRE42085 四葉のクローバー 4023g

  • 出版社/メーカー: コモライフ
  • メディア: ホーム&キッチン



posted by 世界仰天生物日記 | 草木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亜熱帯の海に生息するクラゲの一種「タコクラゲ」が、鳥取県岩美町で大量に見つかる

IP100918TAN000006000.jpg

 亜熱帯の海に生息するクラゲの一種「タコクラゲ」が、鳥取県岩美町田後の城原海岸で見つかった。山陰海岸学習館は「亜熱帯性のクラゲがこれほど大量に見つかるのは珍しい」として同館の水槽で展示している。

岩美町城原海岸で見つかった亜熱帯性のタコクラゲ=山陰海岸学習館
 タコクラゲは関東以南の温暖な海域に生息。傘の直径は10センチ程度で、傘の下に8本の足のような口腕がある姿がタコに似ていることからその名前が付いた。

 タコクラゲは城原海岸で清掃中の漁師の男性が発見。「見たことのないクラゲがいる」と、20匹程度網で捕獲して同館に持ち込んだ。

 同館の和田年史学芸員は「対馬暖流に乗って死滅することなく流れ着いたようだ。今年はチョウチョウウオなど亜熱帯性の生物が多く発見されており、海水温が高いことが原因では」と分析している。


ウォールステッカー くらげ FP-0046D プリンセスブルー

ウォールステッカー くらげ FP-0046D プリンセスブルー

  • 出版社/メーカー: 壁紙屋本舗
  • メディア:



posted by 世界仰天生物日記 | 軟体生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

英サマセット州で、ものすごく大きな“モンスターキャベツ”が収穫される

s-monstercabage.jpg

英サマセット州ウェストン・スーパー・メアで、ものすごく大きな“モンスターキャベツ”が収穫されたと話題になっています。ガーデニングが趣味のジミー・ヒルさん(53)は、自宅の庭でキャベツを育てていました。近所の人に「収穫したらおすそわけをするね」と約束していたそうなのですが、できたキャベツを見てみんなビックリ! なんと全長約150センチ、重さ約36キロの“モンスターキャベツ”だったのです。


ヒルさんの話では、巨大野菜ができたのはこれが初めてではないそう。昨年も、妻のジャッキーさん(51)と「どうやって食べようか」と困り果てたのだとか。そして、「僕はガーデニングが好きだし、妻は料理上手だ。でも、とてもじゃないけれど食べきれない大きさだよ。みんな品評会に出せばいいのにと言うけれど、趣味でやっているだけだからね」と話しています。

ヒルさんはキャベツのほかに玉ねぎ、にんじん、きゅうりを育てているとのこと。巨大な野菜が次々にできてしまったら、どこから手を付ければいいのか分からなくなりますね。近所の人たちが野菜好きであることを願うしかありません。2010年09月20日(POUCH)

キャベツFV004716-

キャベツFV004716-

  • 出版社/メーカー: 東京堂
  • メディア: おもちゃ&ホビー




posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

マカロニ・ディ・マーレという料理の材料になるサナダムシの一種「ディグランマ・インターラプタ」

Maccheronidimare02.jpg
Maccheronidimare01.jpg

Digramma interrupta(ディグランマ・インターラプタ)いわゆる「サナダムシ」。

人間には寄生しないので、食品衛生上の問題はない。むしろ、イタリアでは「マカロニ・ディ・マーレ(Maccheroni di mare)」(海のマカロニ)といって、これを食用にする地域さえあるという。

サナダムシ(真田虫、条虫)は条虫科や裂頭条虫科の扁形動物の総称。成体はすべて寄生虫である。名前の由来は真田紐に似ている事による。日本の古代には「寸白(すばく)」とよばれた。長いと10m以上になるものも存在する。
共通する特徴は、消化管や口を完全に欠くこと。体は扁平で上皮細胞がなく、体表はクチクラに覆われている。栄養分は体表から吸収する。また、宿主に固着するための吸盤などを外部に備える。雌雄同体で体内は雌雄の生殖器官のみが発達している。
大きくは単節条虫亜綱と多節条虫亜綱に分けられる。一般にサナダムシとしてイメージするのは後者である。単節条虫亜綱のものは節に分かれない扁平な体で、先端に吸盤などを持つ。多節条虫亜綱のものは、頭部とそれに続く片節からなる。頭部の先端はやや膨らみ、ここに吸盤や鉤など、宿主に固着するための構造が発達する。それに続く片節は、それぞれに生殖器が含まれており、当節から分裂によって形成され、成熟すると切り離される。これは一見では体節に見えるが、実際にはそれぞれの片節が個体であると見るのが正しく、分裂した個体が繋がったまま成長し、成熟するにつれて離れてゆくのである。そのためこれをストロビラともいう。長く切り離されずに10mにも達するものもあれば、常に数節のみからなる数mm程度の種もある。切り離された片節は消化管に寄生するものであれば糞と共に排出され、体外で卵が孵化するものが多い。(Wikipedia)


寄生虫のふしぎ ―頭にも?意外に身近なパラサイト― (知りたい!サイエンス)

寄生虫のふしぎ ―頭にも?意外に身近なパラサイト― (知りたい!サイエンス)

  • 作者: 目黒寄生虫館+研究有志一同
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2009/01/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



posted by 世界仰天生物日記 | 寄生虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

「幻の動物」ウシ科のサオラ、ラオス中部の山間部で捕獲

scn1009170941000-p1.jpg

 国際自然保護連合(IUCN)は16日、「幻の動物」とされるウシ科のサオラ1頭が8月、ラオス中部の山間部で捕獲されていたと発表した。1999年にラオスで無人カメラにより確認されて以来となる。
 地元住民が捕まえ、数日後に自治体の専門チームがサオラと確認。間もなく死んだという。
 長くとがった角と顔の白い線など美しい毛並みが特徴で、90年代前半に新種として確認。IUCNのレッドリストでは極めて絶滅の恐れが高い種とされ、数百頭しか生存していないとみられる。
 死骸(しがい)は今後の研究のために保存。当局は住民にサオラを捕獲しないよう呼び掛けている。(共同)




posted by 世界仰天生物日記 | 哺乳類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

和歌山県で体が青色のタコクラゲ見つかる

1967381.jpg

 和歌山県白浜町浜通りの鈴木博之さん(72)が、近くの白良浜海水浴場で体が青色のタコクラゲを見つけ、自宅で飼っている。タコクラゲは褐色を帯びているのが一般的で「珍しい。それに動作が愛らしく、癒やされる」と近所の人たちを楽しませている。

 タコクラゲは夏場に関東以南の海で見られる熱帯性のクラゲ。8本足で毒はない。体内に褐虫藻を共生させている。自ら餌を食べるほか、光合成する褐虫藻から栄養をもらっている。

 鈴木さんが捕獲したのは傘の直径が約2センチの幼体。4日、海水浴場北側の波打ち際で見つけた。「タコクラゲは夏にたくさん出現するが、青いのを見たのは初めてで驚いた」と話す。

 串本海中公園センター(串本町)は「共生藻類の褐虫藻が極めて少ないことが原因ではないか。たまに見掛ける」と話している。

 鈴木さんはペットボトルを水槽がわりにして褐色のタコクラゲと一緒に飼育。クラゲは傘を開いたり閉じたりして元気よく動き回っている。


くらげ (アスペクトライトボックスシリーズ)

くらげ (アスペクトライトボックスシリーズ)

  • 作者: 中村 庸夫
  • 出版社/メーカー: アスペクト
  • 発売日: 2009/02/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


posted by 世界仰天生物日記 | 軟体生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

南フランスの湖で超巨大金魚が捕獲される

article-1309880-0B11B738000005DC-848_634x434.jpg

南フランスの湖にて、10分にも及ぶ格闘の末釣り上げられた巨大な金魚。平均的な3歳児と同じ重さ14kg程度であった。撮影が終わった後、湖へと返されました。

posted by 世界仰天生物日記 | 淡水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

深海を悠然と泳ぐナマコ「ユメナマコ」

media2-2002-214-Enypniastes_eximia_49415.jpg
jelly1small_4554.jpg
4a83fae2.jpg
7917_2274_21062009_3.jpg

ナマコの中で最も遊泳性に優れた種で、帆や脚が進化した鰭を使って浮遊する。色は赤紫色で、ナマコ特有の口の部分は濃いワインレッドの赤色。体は中の消化器官も透けて見えるほど透明だが、こうすることで深海の闇に紛れ、身を守っていると考えられる。
他のナマコと同様に、海底の砂地の有機物を口で吸いこんで食べているが、餌の取り方は海底の砂地にへばりつき、そこで海底に張り付くようにしながら砂の中の有機物をこしとって食べる。(wikipedia)

posted by 世界仰天生物日記 | 軟体生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

和歌山県すさみ町で傘同士がくっついた珍しい“双子”のタコクラゲが捕獲される

1960141.jpg

 和歌山県すさみ町のすさみ漁港で傘同士がくっついた珍しい“双子”のタコクラゲが捕獲された。捕獲したのは町立エビとカニの水族館スタッフ。クラゲの専門家は「いままで見たことがない」と驚いている。

 同館では、生物交換などで他の水族館に送るため、毎年この時季にタコクラゲを捕獲している。28日、水族館への発送が一段落してタコクラゲの畜養水槽を眺めていたスタッフが、傘と傘が癒着した状態で泳いでいるのを見つけた。傘径は約1センチと小さい。

 森拓也館長は「長い水族館人生で初めてお目にかかった」。クラゲの水族館として人気のある鶴岡市立加茂水族館(山形県)の村上龍男館長も見たことがないという。自然界でこのような奇形生物が生き抜くのは大変難しく、できれば展示して多くの人に見てもらいたいとしている。

 タコクラゲは根口クラゲ目タコクラゲ科の中型クラゲ。傘径10センチほどになる。8本の「足」を引いて泳ぐのがタコに似ている。体内に共生藻をすまわせ、光合成でできた栄養をもらっている。(2010年08月31日更新)紀伊民報

posted by 世界仰天生物日記 | 軟体生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山口市の草むらで全身ピンク色のバッタの幼虫みつかる

SEB201009010001.jpg

 山口市徳地の「国立山口徳地青少年自然の家」の草むらで8月30日、同市仁保中郷の小学6年丸尾悠久君(11)が、全身ピンク色のバッタの幼虫を見つけた。学校に持って行き、クラスの友達と一緒に育てるつもりだという。

 丸尾君がバッタを見つけたのは同日昼ごろ。友達と草滑りをしているとき、草むらの中にピンク色に光っているものが見えたので近づいてみるとバッタだったという。

 「ピンク色のバッタは初めて見た」と丸尾君。岐阜市にある名和昆虫博物館の名和哲夫館長(55)は「食べ物という説や、遺伝という説もあるが、はっきり分かっていない」と話す。丸尾君はこれまで昆虫に興味がなかったが「これから、珍しい虫をもっと捕ってみたい」と話していた。2010年9月1日8時38分asahi.com

posted by 世界仰天生物日記 | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
移転しました
http://gyo-ten.doorblog.jp/


【緊急】Apple iPad2 64GB 3G+Wi-Fi モデル 海外SIMフリー版 Whiteが衝撃の価格で登場!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。