移転しました
http://gyo-ten.doorblog.jp/

2011年05月05日

扇形の頭を持ち夜間に野外を徘徊する軟体生物「コウガイビル」

3e477b.jpg
2354557496_ab81e0275e_o.jpg
5033931020_1ef9d1f2c1_b.jpg
planarian03.jpg


コウガイビル(笄蛭)は、扁形動物門ウズムシ綱ウズムシ目コウガイビル亜目コウガイビル科コウガイビル属に属する動物の総称である。広義にはコウガイビル亜目に属する動物の総称。往々にして数十cmを越える陸上動物で、外見的に『扇形の頭を持つ』ところが特徴的である。名前にヒルとあるが、環形動物に属するヒルとは全く異なった動物である。
生物的特徴

コウガイビルは、陸上の湿ったところに生息する紐状の動物で頭部は半月形である。一見はヒルに似ているが、環形動物であるヒルとは異なり、扁形動物に属する。筋肉や神経系の発達がはるかに劣るため、運動はヒルに比べてはるかにゆっくりとしており、ゆるゆると這うだけである。種数は日本に数種以上、詳細は不明である。扁形動物門渦虫綱に属するものは、ヒラムシ、ウズムシ(プラナリア)など、ほとんどが海産または淡水産であり、陸上生活のものはこの仲間以外にはほとんどない。最近、都会では外来種のオオミスジコウガイビルという大型種が侵入している。
コウガイビルの体は、長さが10cmから30cm、場合によっては1mを越えるのに対し、幅は大きくても1cmを越えない。厚みも数mmであり、平たくて、細長い体をしている。表面は粘液に覆われ、触るとくっつく感じがある。
体の前端は頭部であり、扇形に広がっている。コウガイビルのコウガイとは公害を意味するものではなく、昔の女性の髪飾りである笄(こうがい)に、その形を見立てたものである。頭部には、肉眼では確認できないが、眼点が多数ある。近縁のものには、頭部が広がらないものもある。体は細長く、その中央腹面に口がある。肛門はない。消化管は口から体の前方後方へと分岐しながら伸び、それぞれの先で袋状に終わる。
なお、雌雄同体であるとされる。
生息環境

陸棲ではあるが乾燥には弱いので、湿った土壌、石の下、朽ち木の中などにおり、夜間に野外を徘徊する。肉食で、ミミズ、ナメクジ、カタツムリなどを補食する。捕まえた獲物に体全体で巻きついて腹面の口から吻を伸ばし、肉を消化しつつ飲み込む。
あまり知られていないが身近に棲んでおり、その数は少なくない。畑地の周辺では石をめくれば見つける事ができる。また、オオミスジコウガイビルは都会地の公園などに出没し、往々にして住民を驚かせる。(wikipedia)


【緊急告知】Apple iPad2 64GB 3G+Wi-Fi モデル 海外SIMフリー版 Whiteが衝撃の価格で登場!!!!!
【衝撃価格】iPhone / iPod touch / iPad 用 ワンセグチューナーが驚きのプライス!!!!!
posted by 世界仰天生物日記 | 軟体生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
移転しました
http://gyo-ten.doorblog.jp/


【緊急】Apple iPad2 64GB 3G+Wi-Fi モデル 海外SIMフリー版 Whiteが衝撃の価格で登場!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。