移転しました
http://gyo-ten.doorblog.jp/

2011年10月12日

ドイツ語で「足の生えた虫」を意味する未確認生物「タッツェルブルム」(Tatzelwurm)

tatzelwurm01.jpg
tazelwurm01.jpg

タッツェルブルム(Tatzelwurm)は、アルプス山脈に住むとされる未確認生物。
その名はドイツ語で「足の生えた虫」を意味する。

標高500mから2000mの山地に生息しており、洞窟の中にもぐりこむ事もあり、中には一生の大半をそこで過ごす個体もいるとされる。春から夏にかけて目撃される事が多く、冬眠動物ではないかという見解もある。

鉤爪のある前脚を持った蛇のような姿をしており、さながら小さな竜のようである。幻の蛇であるということから、日本ではヨーロッパのツチノコと言われることもある。

タッツェルブルムは古くから現地の伝説に登場している。近年では20世紀初頭にスイスのバルキン某が写真に撮影している。この写真は1934年4月にベルリナー・イルストリエルテ・ツァイトゥング紙に掲載された。

国立科学博物館で2001年12月4日から2002年2月17日にかけて実施された特別企画展「化石の美と科学」では、ウンブリア地方で発見された無脊椎動物の生痕化石を「ジュラ紀のタッツェルブルム(ジュラシック・タッツェルブルム)」と名付けて展示した。(ウイキペディア)


【緊急告知】Apple iPad2 64GB 3G+Wi-Fi モデル 海外SIMフリー版 Whiteが衝撃の価格で登場!!!!!
【衝撃価格】iPhone / iPod touch / iPad 用 ワンセグチューナーが驚きのプライス!!!!!
posted by 世界仰天生物日記 | 謎の生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
移転しました
http://gyo-ten.doorblog.jp/


【緊急】Apple iPad2 64GB 3G+Wi-Fi モデル 海外SIMフリー版 Whiteが衝撃の価格で登場!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。