移転しました
http://gyo-ten.doorblog.jp/

2011年10月08日

兵庫県姫路市で約2・4キロもある巨大サツマイモがとれる

20111007-652579-1-L.jpg

 兵庫県姫路市船津町の無職中村義弘さん(64)の自宅の畑で、約2・4キロもある巨大サツマイモがとれ、近所の話題になっている。

 長さ30センチ、胴回りは47センチで、中村さんは「愛情を注いで育てたけど、まさかこんなに大きくなっているとは」と驚いている。

 中村さんは「土地をあそばせておくのはもったいない」と約40年前に、自宅の横に約300平方メートルの畑を作り、白菜やキュウリなどの野菜を育ててきた。サツマイモは15年ほど前から栽培を始めたという。

 巨大サツマイモは「鳴門金時」で、同じ畑でとれた他のサツマイモに比べ約5倍の重さ。6月に福崎町のホームセンターで購入したツルを畑に植え、9月30日に収穫しようとしたところ、本来なら土の中に隠れているはずのイモが2、3センチ飛び出ていたため、掘り返したところ、巨大サツマイモが出現したという。

 県立農林水産技術総合センター(兵庫県加西市別府町)農産園芸部の野菜担当者は、「鳴門金時の品種で2キロを超えるものは聞いたことがない。養分が一つのイモに集まり、大きく育ったのでは」と話している。(2011年10月7日07時06分 読売新聞)

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

11.3kgのサツマイモがレバノンで発見される

_45277745_semhat466afp.jpg

11.3キロ(24.9ポンド)の巨大サツマイモを発見したのは、レバノンの首都ベイルートから85km南に行ったところで農業を営むKhalil Semhat氏。「私は少年の頃から私は土地を作業してきた、私がそようなものを見たのは初めて」とKhalil氏は話しています。
Khalil氏はサツマイモを育てるのに化学肥料や化学薬品を使っていないと主張しており、ギネス登録を希望しています。現在ギネスブックに登録されているのはイギリスのK Sloan氏が見つけた3.5kgのもの。2008年12月8日BBC

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

直径1cmにも満たない小さな小さなトマト「マイクロトマト」

TS3R0012.jpg
DSC_0455.JPG
img10111290370.jpg
1826d769.jpg

ミニサイズの食品サンプルと見間違うような、直径1cmにも満たない小さな小さなトマトが『マイクロトマト』です。成長過程の未熟トマトじゃありません。とっても新しい、世界最小の新品種です!
こんなにちっちゃいのに、ちゃんとトマトの味がするんです!
フルーツトマトにはかないませんが、普通のトマトより糖度が高いくらいです。
皮がちょっと硬めなので、ぷちっと弾ける食感が楽しめます♪
マイクロトマトは数千種あると言われているトマトの品種の一つで、世界最小の新品種。
生産地が数少ないので、とても希少なトマトです。
料理の付け合せやサラダ、ドレッシングなど、色んな場面で活躍してくれます。
トマトが苦手なお子さんにもフルーツ感覚で食べてもらえるかも知れません(アマゾン)

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

埼玉県春日部市の畑で、珍しい5本足のダイコン収穫

TKY201102090486.jpg

 抜いてみたら5本足――。埼玉県春日部市の畑で、珍しい形のダイコンが採れた。

 同市水角、農業井上きみ子さん(77)が収穫した。重さ約4キロの青首ダイコンで、「普通に種をまいただけ。『足』が2〜3本出るのは、たまに見るけど……」と驚いている。

 同市大畑に住む義妹の海老原和子さん(70)が「珍しい」ともらい受けた。好物の葉は食べてしまったが、「多くの人の目に留まる公共の場所に置いてもらい、明るい話題になれば」と話している。(asahi.com 2011年2月12日23時49分)

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花蕾は幾何学的な配置!気持ち悪い形の野菜 「ロマネスコ」

romanesquela6.jpg
romanesco1024.jpg
d58ce00c.jpg
82406b01.JPG

ロマネスコ(Broccolo Romanesco)はアブラナ科アブラナ属の一年生植物。カリフラワーの一種である。フラクタル形態の花蕾が特徴の野菜である。

日本語のロマネスコの名前はイタリア語での呼び名、Broccolo Romanesco(ブロッコロ・ロマネスコ、ローマのカリフラワー)に由来する。未成熟の花蕾と花梗を食用にする。アブラナ科の野菜の中では比較的穏やかで微かに甘い芳香を持つ。花蕾群の配列がフラクタル形状を示す特徴を持つ。
16世紀にローマ近郊で開発されたとされている。これには異論もあり、ドイツでも同時期から栽培の記録がある。
色は黄緑色(クリーム色から緑色の中間色)で、姿はブロッコリーに近く背が高めで葉は展開する。一方、頂花蕾のみで側枝は発達せずカリフラワーの性質を示す。味はブロッコリーに近い。
この様に中間的な性質から、野菜市場、種子市場ともにどちらの品種とするか混乱がある。さらに緑色のカリフラワー(broccoflower)との混同が、これに輪を掛けている。
現状では学名(分類上)はカリフラワーだが、呼び名はブロッコリー(Romanesco broccoli)が優勢となっている。

ロマネスコの花蕾は幾何学的な配置となっており、個々の蕾が規則正しい螺旋を描いて円錐を成している。
円錐はさらにそれ自体が螺旋を描いて配列し、これが数段階繰り返されて自己相似の様相を呈する。また、配列した蕾や円錐の数はフィボナッチ数に一致することも知られている。
生産 [編集]

1990年頃からフランスのブルターニュ地方などで大規模な栽培が行われ、流通し始めた。1993年以降は冷凍品が広く市場に出回るようになったが、野菜全体に占める取引額はさほど大きなものではない。
家庭菜園向けに販売されている品種は、Romanesco Veronica、Minaret、Natalino、Ottobrino、Guiseppe、など数種有る。 特異な形状が人気で、日本でも種子が販売され(サンゴに見立て「黄緑サンゴ」)ている。中級者向けとされ、立派なフラクタルを形成させるのは容易ではない。

茹でる、煮る、炒めるなど加熱調理をして食べる。花蕾が固く締まって小さく、色の綺麗なもの(先端が茶色に変色していないもの)を選ぶと良い。
保存する場合は洗わずにきっちりと包装して冷蔵庫に保存し、4、5日を目処に消費する。調理する前に良く洗い、花蕾の塊ごとに切り分けて柔らかくなるまで加熱する。裏漉ししてピュレにし、牛乳や豆乳と合わせてスープにするのも良い。
日本では「カリッコリー」「カリブロ」「やりがい君」などの商品名でも販売されている。
栄養価はおおよそブロッコリーなどと同じであるが、ビタミンCの含量は1)ブロッコリー、2)カリフラワー、3)ロマネスコの順。
ロマネスコ1株(93g)あたりの栄養価:
カロリー - 20kcal
タンパク質 - 1.88g
炭水化物 - 3.9g
脂肪 - 0.19g
食物繊維 - 2.0g
ビタミンC - 56mg

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

人の足そっくりな形のニンジンが、英国の市民農園で収穫される

feet.jpg.display.jpg

 人の足そっくりな風変わりな形のニンジンが、英国の市民農園で収穫されたと、英ノーザン・エコー紙が報じた(Northern Echo 2010年10月30日)。

 変わったニンジンを収穫したのは、イングランド北部のダラム州ダーリントンに住むスチュアート・ボールトンさん。先端が5つに分かれた、人の足そっくりな形のニンジンを、市民農園で収穫した。

 ボールトンさんはこれまでにも何度か変わった形の野菜を収穫したことがあり、昨年はとてもおおっぴらにはできないような形の野菜が育ったとのこと。今回収穫したニンジンはスープにして食べたとのことで、気になるお味のほうは「非常においしかった」という。(国際時事新聞 at 18:08 2010年11月02日)

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

大阪府能勢町で右腕そっくりの自然薯(じねんじょ)収穫される

OSK201012080178.jpg

 大阪府能勢町で右腕そっくりの自然薯(じねんじょ)が採れた。全長約60センチで、長さ14センチほどの「指」が並ぶ。親指が2本ある以外は本物そっくりだ。

 豊中市職員の大黒義高さん(61)が6日、能勢町の知人が畑で育てたのを紙袋でもらい、家で袋を開けてみて驚いたという。「色といい丸みといいリアルすぎる」

 「なんかくれ」と言ってるようだと「手のひら」に千円札を載せて写真を撮った人もいた。「立派な自然薯なので早く食べたいが、包丁入れにくいですわ」と苦笑い。asahi.com(2010年12月9日6時57分)

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

かぼちゃを切ったら、中に「もやし」がびっしり。大阪府

20101025-309666-1-L.jpg

 大阪府東大阪市東山町の小林司朗さん(72)が、カボチャを調理しようと切ったところ、ワタの部分にモヤシによく似た白色の太い茎が、びっしり詰まっていた。

 小林さんによると、4日に和歌山県の農産物直売所で買ってきたもの。茎は長いもので5センチほどで、50本以上はある。蒸して食べようとすると「皮は栗のように固くて歯が立たない。中身も味がしなかった」と言う。

 府環境農林水産総合研究所食とみどり技術センター(羽曳野市)に聞くと、「種が熟れすぎて発芽したもの」だそうだ。担当者は「普通、種が実の中にある時は発芽しない仕組みになっているが、何らかの環境が影響したのでは」。(2010年10月28日09時01分 読売新聞)


PNカボチャのかぶりもの ライトオレンジ

PNカボチャのかぶりもの ライトオレンジ

  • 出版社/メーカー: アゾンインターナショナル
  • メディア: おもちゃ&ホビー


posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日立市でハクチョウに似た形のサツマイモが見つかる

12881026572542_1.jpg

サツマイモの収穫シーズンを迎え、日立市下深荻町の菊池とよ子さん方で、ハクチョウに似た形のサツマイモが見つかり、話題になっている。

サツマイモは長さ約15センチの胴体に、約10センチの首や頭、尾っぽまで付いている。菊池さん方の近所で収穫されたサツマイモの中に交じっていた。

冬の使者として県内にも飛来し、湖面に漂うハクチョウにそっくりで、関係者は「収穫の際に細い部分が折れなかったのは奇跡だ」と驚いている。2010年10月27日(水)茨木新聞


踊る白鳥ますく

踊る白鳥ますく

  • 出版社/メーカー: 丸惣
  • メディア: おもちゃ&ホビー


posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

米フロリダ州に拠点を置く企業が、赤いセロリを開発

ダウンロード.jpg

 [マイアミ 16日 ロイター] 米フロリダ州に拠点を置く企業が、サラダに彩りを沿えて目と舌を楽しませてくれる赤いセロリを開発した。ブランド名は「セロリ・センセーションズ」で、フロリダ州オーランドで16日に開かれた青果物の見本市で披露された。

 開発した「ドゥダ・ファーム・フレッシュ・フーズ」によると、味が比較的マイルドなこのセロリは、一般的な緑色のセロリとセロリの変種である根用セロリを交配して作られたという。

 同社のダン・ドゥダ社長は、「シャキシャキとした食感と爽やかさは、普通のセロリと同じ」と述べている。


コーネル619号(セロリ)20ml

コーネル619号(セロリ)20ml

  • 出版社/メーカー: 三重興農社
  • メディア:


posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

髪の毛の三つ編みのように絡み合ったゴボウ収穫される

5221650451.jpg

 髪の毛の三つ編みのように絡み合ったゴボウが、江津市桜江町谷住郷の畑で収穫され、地元の話題になっている。

 収穫したのは近くの農家、舩津光広さん(65)。通常は1本、まっすぐに伸びるゴボウの根が、3本に分かれて絡み合った独特の形状で、舩津さんは「20年前からゴボウを作っているが、こんなのは初めて。三つ編みだから、女の子のゴボウかな」とにっこり。

 県農業技術センター(出雲市)の担当者は「ゴボウはまっすぐに伸びるよう、品種改良されているが、まれにこういうこともあるのではないか」としている。

 同町は、江の川沿いの肥よくな土壌を生かしたゴボウの産地として知られる。('10/09/29山陰中央新報)


ごぼう茶 1.5g×30袋

ごぼう茶 1.5g×30袋

  • 出版社/メーカー: 富山サプリメント
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

手足が生えたような、変わった形のニンジンが英国で収穫される

buzz_1708989c.jpg

 まるで手足が生えたような、変わった形のニンジンが英国で収穫されたと、英デイリー・テレグラフ紙が報じた(Daily Telegraph 2010年9月6日)。

 変わったニンジンを収穫したのは、イングランド南部のオックスフォードシャー州ヘンリーオンテムズに住むクライブ・ウィリアムズさん(68)。夕食に使うニンジンを家庭菜園で収穫したところ、先端が二股に分かれ、上部には横に突き出た部分が2か所あった。

 まるで手足が生えたようなニンジンを見たウィリアムズさんは、すぐに米アニメ映画「トイ・ストーリー」に登場するスペースレンジャーのおもちゃ「バズ・ライトイヤー」を思い浮かべたとのこと。すぐさま家に持ち帰り、3人の孫に見せたところ、3人とも「バズ・ライトイヤーだ」と叫んだという。

 ニンジンを栽培して10年ほどになるというウィリアムズさんは、枝分かれしたニンジンを時折収穫するとのことだが、「こんなニンジンは見たことがない」と話しているという。(国際時事新聞 at 22:13 2010年09月07日)

ミニキャロット(にんじん)20ml

ミニキャロット(にんじん)20ml

  • 出版社/メーカー: 三重興農社
  • メディア:


posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

英サマセット州で、ものすごく大きな“モンスターキャベツ”が収穫される

s-monstercabage.jpg

英サマセット州ウェストン・スーパー・メアで、ものすごく大きな“モンスターキャベツ”が収穫されたと話題になっています。ガーデニングが趣味のジミー・ヒルさん(53)は、自宅の庭でキャベツを育てていました。近所の人に「収穫したらおすそわけをするね」と約束していたそうなのですが、できたキャベツを見てみんなビックリ! なんと全長約150センチ、重さ約36キロの“モンスターキャベツ”だったのです。


ヒルさんの話では、巨大野菜ができたのはこれが初めてではないそう。昨年も、妻のジャッキーさん(51)と「どうやって食べようか」と困り果てたのだとか。そして、「僕はガーデニングが好きだし、妻は料理上手だ。でも、とてもじゃないけれど食べきれない大きさだよ。みんな品評会に出せばいいのにと言うけれど、趣味でやっているだけだからね」と話しています。

ヒルさんはキャベツのほかに玉ねぎ、にんじん、きゅうりを育てているとのこと。巨大な野菜が次々にできてしまったら、どこから手を付ければいいのか分からなくなりますね。近所の人たちが野菜好きであることを願うしかありません。2010年09月20日(POUCH)

キャベツFV004716-

キャベツFV004716-

  • 出版社/メーカー: 東京堂
  • メディア: おもちゃ&ホビー




posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

名古屋市でカボチャのツルにウリのような野菜が実る

20100726-651885-1-L.jpg

 名古屋市緑区相原郷の無職川島朝子さん(70)方の裏庭で、カボチャのツルにウリのような野菜がなり、近所の話題となっている。

 川島さんが近くのホームセンターでカボチャの苗を購入したのは4月。裏庭に移して育てると、6月中旬に初めてウリのような実がなった。これまでに6個のウリと4個のカボチャができたという。名古屋市農業センター(天白区)職員の中村多賀子さん(47)によると「接ぎ木で苗を作ることが多く、根元の部分がウリだった可能性がある」という。(2010年7月27日 読売新聞)

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

福井県大野市“ハート形”のジャガ芋が収穫される

20100716072024_1728147253.jpg

 福井県大野市堂本の田中美良さん(72)方の畑で“ハート形”のジャガ芋が収穫された=写真。近所では“名仲人”として知られる田中さんは「ただただびっくり。これからも縁結びのお手伝いをしていきたい」と笑顔で話している。

 ジャガ芋は縦7センチ、横7センチ、厚み2センチと平べったいハート形。45年間、野菜を栽培してこんな形には初めて出合った。

 「昔から世話好き」な田中さんは、これまでに102組の縁談をまとめたという。現在も結婚を前提に2組のカップルが交際中で、その“キューピッド”ぶりは評判。ちなみに離婚した夫婦は1組もいないとか。

 そろそろ仲人を引退しようかと考えていたときにこのジャガ芋を見つけた。「まだまだ頑張れって神様が言っているのかも。これからも良い出会いを応援したい」とにっこり。多くの人に見て、触ってほしいと玄関に飾る予定だ。(2010年7月16日午前7時07分)福井新聞

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

福岡で直径68・5センチのジャンボカボチャ

201007140003_000.jpg

 田川市糒の久保正さん(70)、美枝子さん(62)夫婦が、自宅横の家庭菜園で「ジャンボカボチャ」作りにチャレンジしている。子どものいない2人だが、わが子のように愛情を注ぎ、カボチャはすくすくと生育中。近所の評判になっている。

 筑豊地区でジャンボカボチャ作りの“第一人者”とされる伏貫喜久男さん=桂川町=から昨年、種を譲り受け、夫婦で取り組むようになった。春先には掛けたビニールを上げ下げして温度管理に努めたほか、虫の駆除も小まめに行い、大事に育てている。

 今年は9個が実り、最も大きなもので直径68・5センチ(13日現在)。鮮やかなオレンジ色をしている。初めてチャレンジした昨年の「記録」(直径58センチ)を更新し、美枝子さんは「まだまだ大きくなるはず。70センチ超えは間違いない」と笑顔を見せる。

 正さんは毎朝、お手製のものさしで直径を測るが、1日に2・5センチも、大きくなることがあったという。「外出してもカボチャが気になる」という正さん。「手間暇がかかる分、愛情に応えてくれる。やる気のある人には種を分けてあげたい」と話している。=2010/07/14付 西日本新聞朝刊=

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

阿波市直径1・1〜1・4メートルの巨大カボチャ約20個が実る

AWO00wRR.jpg

 阿波市市場町興崎の農業木津功さん(77)の畑に、直径1・1〜1・4メートルの巨大カボチャ約20個が実り、近くの住民らが驚いている。

 カボチャはアトランティック・ジャイアント種。大きいものは直径約1・4メートル、高さ約70センチで重量は約400キロになるという。

 木津さんは普段ポンダリンを作っているが、昨年9月に香川県で開かれた「日本一どでカボチャ大会」で優勝した巨大カボチャの種6粒を知人を通じて譲り受け、巨大カボチャの栽培に挑戦することに。3月にこの種を含む30粒をまき、水や肥料の配分を工夫しながら大きく育てた。

 カボチャは、市内の保育所や福祉施設などにプレゼントする。観賞用だが、食べることもできるという。木津さんは「手間をかけて育てたので子どものようにかわいい。見た人にも喜んでもらえればうれしい」と話している。2010/7/9 10:47(徳島新聞)

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加茂市で1本の茎から2本が寄り添う“双子”キュウリが見つかる

13366.jpg

 加茂市大郷町2の畑から7日、1本の茎から2本の実が寄り添うように育った“双子”キュウリが見つかった。

 岡ノ町の農業の男性(68)が所有する畑で、家庭用に育ててきたキュウリを収穫しようとした際、長さ約30センチ、太さ約10センチの巨大なキュウリに気が付いた。

 「30年以上農業をやっているけど、初めて見た」と男性。

 保内公園緑の相談所(三条市)によると、「水や養分、虫食いが影響し、生理障害が起きたのではないか」という。

 男性は「食べようかと思うんだけど珍しいし、やっぱり手元に置いておきたいなあ」と少し悩んでいる。新潟日報2010年7月9日

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

福知山市で4本がくっついた変形ナス発見

20100709-00000303-rtn-l26-view-000.jpg

 福知山市石場の農業、石坪量さん(78)宅で9日、4本がくっついたナスがとれた。天狗のうちわのような形をしていて、石坪さん宅では「こんなナスは初めて」と驚いている。

 9日午前7時ごろ、妻の加代子さん(72)が自宅近くの畑に行き、ナスを収穫しようとしたところ、変形ナスに気が付いた。石坪さん宅では長年ナスを栽培。これまで2本がつながったナスやキュウリが出来たことはあった。
 
 小さいナス2本と大き目のナス2本がくっついた形で、大き目の1本には筋が入っていて、5本がくっついたようにも見える。
 
 「実が小さい時にひっついたのでしょうか」と加代子さん。普段ナスは漬物や焼きナスで食べるが、この変形ナスは、しばらくの間置いておき、知人らに見せたいという。7月9日15時56分配信 両丹日日新聞

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

東京都小平市ハート形のトマトとジャガイモが相次いで収穫

TKY201007060738.jpg

 東京都小平市仲町の農業、福島和宏さん(45)の畑で、ハート形のトマトとジャガイモが相次いで収穫された。ハートが二つそろい、まさにラブラブとなった。

 「食べるのがもったいないので、自宅の直売所で飾っています」という福島さん。ほしいので譲ってください、と言われることもあるが、「農業者から見ると、本当はできそこない。見た目はおもしろいけど、値段のつけようがない」という。2010年7月7日9時16分(朝日新聞社)

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

大田原市余瀬のギャラリー路で鳥の姿に似たトマトが話題

J201006230305.jpg

 ○…大田原市余瀬のギャラリー路で鳥の姿に似たトマト=写真=が飾られ、常連客の話題となっている。

 ○…同市新宿、農業蛭田義弘さん(79)の畑で今月初旬穫れた。トマト栽培歴30年の蛭田さんは「こんなのは初めてだ」と振り返る。自宅に飾っていたが、「多くの人に楽しんでもらおう」となじみの同店に持ち寄った。

 ○…店内は冷房も効いているためか、形も崩れず“長寿”を保つトマト。珍しい形に思わず頭をなでるお客も多く、「大切にされて良かったね」と蛭田さん。(6月24日 05:00)下野新聞

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

茨城県桜川市のトマト農園で、重さ1キロのトマトが収穫される

jjp_m9513572.jpg

茨城県桜川市大国玉の農業、金敷力男さんのトマト農園で、重さ1キロのトマトが収穫された。桃太郎という品種で通常は200グラム前後。「20年やっているがこんなのは初めて。作りたくても作れない」とのこと。時事通信(06月22日17時09分)

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

ジャンボ大根フェスティバルで39・4キロの巨大大根

2008031708564877004.jpg

 大根の重さを競う第4回全国ジャンボ大根フェスティバルが16日、尾道市因島重井町の因島勤労者体育センターで開かれ、
一般の部は高松市春日町、会社役員黒川要さん(61)が39・4キロで2年ぶり3回目の栄冠に輝き、小学生の部は福山市立
東村小が23・3キロで連覇した。

 広島、岡山、静岡、鹿児島県などから一般の部に134点、小学生の部に11点が出品された。青首大根と桜島大根を掛け
合わせるなどした品種で、手塩にかけた迫力ある“大物”ばかり。会場で移動させる際に葉が落ちるなどして重量が変わるため、
搬入時の測定値で競った。 山陽新聞ニュース(2008/03/17)

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

大阪市東住吉区で、実から葉が出た珍しいキュウリが見つかる

KN20100619114108202L0.jpg

 大阪市東住吉区の藤田義広さん(75)方で、実から葉が出た珍しいキュウリが実った。長さ約20センチで、中央付近から約5センチの葉が1枚生えている=写真=。

 5月初旬に苗3株を玄関脇のプランターに植えて栽培。今月12日、水やりの手伝いをしていた孫の小学2年島田なつみちゃん(8)が見つけた。

 藤田さんは約5年前から家庭菜園を始め、キュウリやナス、トマトなどを育てている。「最初は孫がいたずらをしたのかと思ったが、こんなのは見たことがない」と驚く。

 大阪市立自然史博物館の内貴章世学芸員(植物学)は「キュウリの実がなる雌花と葉の軸がくっついて成長し、実から葉が出ているように見えるのではないか」と話している。(2010年6月19日 読売新聞)

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪府堺市でジャガイモが地上の茎に実を付けているのが見つかる

KN20100619113745728L0.jpg

 大阪府立大中百舌鳥キャンパス(堺市中区)でジャガイモが地上の茎に実を付けているのが見つかった=写真=。ジャガイモはこのような実がなる前に枯れるのが普通で、専門家は「珍しい。実の形はトマトに似ていて、ジャガイモが同じナス科だと実感できるのでは」と話している。

 実を付けたのは、同キャンパス西門横の畑に植えられたキタムラサキという品種。17日朝、世話をしている警備員の児玉菊次さん(72)が、50センチほどに育った葉の付け根付近に直径1・5センチほどの実が三つ付いているのを見つけた。児玉さんは「7年前から育てているが初めて見た」と驚いていた。

 同大大学院生命環境科学研究科の阿部一博教授は「普通は土中のイモが大きく育つと枯れて倒れてしまう。そもそもジャガイモは受粉すること自体が珍しい」と話している。(2010年6月19日 読売新聞)

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

世界一辛いトウガラシ・ジョロキア京都府向日市の農家で栽培

k1322270499.jpg

 京都府向日市の飲食店などでつくる「京都激辛商店街」の依頼を受け、地元農家が世界一辛いトウガラシとされる「ブート・ジョロキア」を栽培している。加盟店が販売する激辛料理に使うほか、香辛料として販売することを想定し、「農商連携でまちおこしができれば」と収穫に期待している。

 ブート・ジョロキアはインド原産で、「幽霊のトウガラシ」の意。辛さは激辛トウガラシ「ハバネロ」の約2倍とされ、スナック菓子などにも利用された。

 激辛商店街にはすでに、ジョロキアを料理に取り入れている加盟店もある。ただし仕入れ値は、他の香辛料に比べて高いという。地元農家にとって栽培ができれば高収入が見込めるほか、商店街加盟店も新鮮で安全な食材を使うことができると、実験的に栽培することにした。

 5月から向日市などの農家に栽培を依頼し、理解を得ながらジョロキアの苗300株を買い集めた。最終的に協力農家は20戸となり現在、2〜20株を栽培してもらっている。

 協力農家の一人で、向日市寺戸町の自宅近くの畑で20株を栽培している築坂晃さん(55)は「商店街の期待に応えられるか心配だが、うまく栽培できれば新鮮なうちに加盟店に届けられる。通常の流通と比べると実入りもいいと思う」と期待を寄せる。

 激辛商店街は9月ごろの収穫を見込む。収穫量は「実験段階のため全然読めない」といい、今年は加盟店での使用分を目標に掲げている。将来的には「世界一辛い、向日市ブランドのトウガラシを作っていきたい」と意気込んでいる。

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

日本一の巨大フキ「ラワンブキ」の収穫が足寄町で始まる

20100607-670460-1-L.jpg

 日本一の巨大フキとされる「ラワンブキ」の収穫が7日、足寄町で始まった。

 ラワンブキは成長すると、高さ約3メートル、茎の太さが約10センチにもなる同町の特産品。しゃきしゃきした歯ごたえが特徴で、町内では22戸(約15ヘクタール)で栽培されている。

 この日、永井彰さん(28)の畑では、高さ約1メートル80に育ったフキがカマで丁寧に刈り取られ、あたりにフキの香りが広がった。(2010年6月8日 読売新聞)

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

変な野菜に顔を描いた作品が徳島市の徳島中央公園に登場

OSK200903290072.jpg

 売り物にならない、形の変な野菜に顔を描いた作品が徳島市の徳島中央公園に登場した。公園の桜が見頃になり、訪れた大勢の花見客を楽しませている。

 なると金時は頑固おやじに、メークイーンはわんぱく兄弟に。公園で食堂を営む工藤節子さん(63)が、処分するため知人の畑に山積みされた野菜をもらって作った。

 捨てられる運命の野菜を「もったいないなあ」と眺めていたら、鼻や口のイメージが浮かんだ。「形は悪くても、いい味が出ている」と評判は上々だ。(asahi.com)



posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

手のひらのような形をしたナス神奈川県相模原市で見つかる

TKY200908240384.jpg

 手のひらのような形をした珍しいナスが、神奈川県相模原市の主婦、池上さんの家庭菜園で採れた。サイズも人間の手のひらと同程度という。テニスクラブの仲間 たちに見せると「これは珍しい」。漬物にしたらという声もあったが、池上さんは「変な形で食べるにはちょっと……」。

見つかったのは折しもお盆。先月急逝したひょうきん者のクラブの仲間のいたずらでは、という説も出て、みんなで笑い合った。送り盆を過ぎて、ナスは魔法が解けたようにしなび始めた。


posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星形やハート形のキュウリを福島県のJA伊達みらいが出荷

TKY201005290237.jpg

 旬を迎えたキュウリで、星形やハート形の品を福島県のJA伊達みらいが出荷している。栽培途中で専用の型枠に約1週間入れ、1本ずつ丁寧に包装する。

 1本250円前後と、通常品の5〜6倍。産地PRで3年前から作り始めたが、サラダの彩りに、結婚式の料理に、と引き合いが増加。今年は昨年の2倍出荷する。

 栽培に手間がかかるが「孫の喜ぶ顔を思って真心をこめている」と農家の橘一郎さん(61)。星形の名称は「伊達の一番星」。産地を輝かせる希望の品と期待も高い。


posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
移転しました
http://gyo-ten.doorblog.jp/


【緊急】Apple iPad2 64GB 3G+Wi-Fi モデル 海外SIMフリー版 Whiteが衝撃の価格で登場!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。