移転しました
http://gyo-ten.doorblog.jp/

2011年09月21日

「桜色」のアマガエル長野県安曇野市で見つかる

1238663049_b.jpg

 安曇野市の国営アルプスあづみの公園(安曇野市堀金烏川、TEL 0263−71−5511)で「桜色」のアマガエルが展示され、人気を集めている。

 アマガエルは昨年9月、同園の大町・松川地区(7月18日開園予定)の建設現場で造園業者の作業員が発見。当初は自宅で飼育していたが、「たくさんの人に見てもらいたい」と同園に委託した。

 カエルは、黒色色素が欠乏する「アルビノ」という突然変異によって発現したもの。本来「アルビノ」は黄色で、発見時も黄色だったという。「冬眠中にピンクになっていた。遺伝的にも少ない確率で起こるものなのでとても珍しい」と同公園飼育担当の金井孔さん。「肌色に近いし、『アルビノ』によって目も赤いので『気持ち悪い』という人もいるが(笑)…」(同)。

 展示しているのはテーマ展示館内の「理科実習室」。飼育箱の中では、2007年7月に同市で発見された黄色色素の欠乏による青色のアマガエルと普通の緑色のカエルも一緒に飼育されている。「3色のカエルを同時に見る機会はなかなかないと思って」と金井さん。「春になって活発に動き出すと黄色に戻ってしまうかもしれない。貴重な『桜色』の状態を楽しんで見てもらえれば」とも。(2009年04月02日)松本経済新聞


【緊急告知】Apple iPad2 64GB 3G+Wi-Fi モデル 海外SIMフリー版 Whiteが衝撃の価格で登場!!!!!
【衝撃価格】iPhone / iPod touch / iPad 用 ワンセグチューナーが驚きのプライス!!!!!
posted by 世界仰天生物日記 | 両生類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幅が2メートル!タイで記録的な巨大淡水エイが釣り上げられる

090226-giant-stringray-picture-missions_big.jpg

 タイで記録的な巨大淡水エイが釣り上げられたという。おそらく史上最大と考えられ、捕獲を行った漁師と研究者により川に戻された。

 この巨大淡水エイはヒマンチュラ・チャオプラヤ(学名:Himantura chaophraya)と呼ばれる種で、2009年1月28日、ナショナル ジオグラフィック協会が後援する探検調査プロジェクトの中で釣り上げられた。体重は250〜450キロと推測されている。

 大きさは幅が2メートル、長さが2.1メートルあったが、尾は失われていた。ネバダ大学リノ校の生物学者ゼブ・ホーガン氏は、「尾が残っていれば、全長は4.5〜5メートルあっただろう」と推測する。

 ホーガン氏は、ナショナル ジオグラフィック巨大魚プロジェクトの一環としてタイで巨大淡水エイの調査を行っている。巨大魚プロジェクトは、世界の20数種の巨大淡水魚を研究し記録に残そうという試みである。

「今回の発見には勇気づけられた。この地の巨大エイは、かつては乱獲により激減していたが、現在では従来の推測よりも生息数が増加しているのかもしれない」とホーガン氏は期待を込める。今回の巨大エイは、巨大魚プロジェクトの“ヘビー級チャンピオン”となる可能性があるという。

「正確な体重は不明だ。しかし、世界最大の淡水魚の名に値する資質を備えていたことは間違いない」。ホーガン氏はナショナル ジオグラフィック協会のエマージング探検家でもある。

 現在、国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種リスト(レッドリスト)では、ヒマンチュラ・チャオプラヤは“危急(VU)”種(絶滅危惧II類)として掲載されている。

 昨年3月、ホーガン氏はタイのチャチェンサオという町の近郊で、全長4.3メートルの巨大エイを発見している。巨大淡水エイは、およそ200種存在するエイの中で最大級の種で、東南アジアやオーストラリア北部の非常に限られた川に生息している。

 このマンモス級のエイ種が海に出ることがあるのか、そもそも海中で生存可能かどうかも判明していない。なにしろ、学術的に初めて報告されたのが1989年のことなのだ。

 ホーガン氏の率いる調査チームは、巨大淡水エイのまだ知られていない種や生息地を求めて今日も探検を続けている。 National Geographic News(February 27, 2009)

posted by 世界仰天生物日記 | 淡水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アボリジニが生で食べるといわれるウィチェッティー・グラブ(オオボクトウの幼虫)

witchetty_grub.jpg
WitchettyGrub.JPG
witchetty_grub (1).jpg

オオボクトウの幼虫はウィチティ・グラブ(Witchetty Grub)と呼ばれ、芋虫の木と呼ばれるウィチティ・ブッシュ(イリクワラ)という潅木の根の中で成長します。オーストラリアのアボリジニの貴重なタンパク源になっており、生または灰の中で焼いて食べる。ピーナツバターのような味がする。

posted by 世界仰天生物日記 | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11.3kgのサツマイモがレバノンで発見される

_45277745_semhat466afp.jpg

11.3キロ(24.9ポンド)の巨大サツマイモを発見したのは、レバノンの首都ベイルートから85km南に行ったところで農業を営むKhalil Semhat氏。「私は少年の頃から私は土地を作業してきた、私がそようなものを見たのは初めて」とKhalil氏は話しています。
Khalil氏はサツマイモを育てるのに化学肥料や化学薬品を使っていないと主張しており、ギネス登録を希望しています。現在ギネスブックに登録されているのはイギリスのK Sloan氏が見つけた3.5kgのもの。2008年12月8日BBC

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

直径1cmにも満たない小さな小さなトマト「マイクロトマト」

TS3R0012.jpg
DSC_0455.JPG
img10111290370.jpg
1826d769.jpg

ミニサイズの食品サンプルと見間違うような、直径1cmにも満たない小さな小さなトマトが『マイクロトマト』です。成長過程の未熟トマトじゃありません。とっても新しい、世界最小の新品種です!
こんなにちっちゃいのに、ちゃんとトマトの味がするんです!
フルーツトマトにはかないませんが、普通のトマトより糖度が高いくらいです。
皮がちょっと硬めなので、ぷちっと弾ける食感が楽しめます♪
マイクロトマトは数千種あると言われているトマトの品種の一つで、世界最小の新品種。
生産地が数少ないので、とても希少なトマトです。
料理の付け合せやサラダ、ドレッシングなど、色んな場面で活躍してくれます。
トマトが苦手なお子さんにもフルーツ感覚で食べてもらえるかも知れません(アマゾン)

posted by 世界仰天生物日記 | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

体長は約7cm〜10cm世界最小のハムスター「ロボロフスキーハムスター」

smallanimal579.jpg
smallanimal483.jpg
12604355771X2bawDw.jpg
20091011_870005.jpg
51770.jpg

ロボロフスキーハムスターは、ヒメキヌゲネズミ属に属するハムスターの一種である。和名はロボロフスキーキヌゲネズミ。ペットとして飼われているドワーフハムスターとしては最も小型で、約二頭身の体型である。原産地はカザフスタン共和国、モンゴル、ロシアトゥヴァ共和国など。

体長は約7cm〜10cmで体重は約15〜30g。世界最小のハムスター。
性格は臆病で、人間になつきにくい。観賞用ハムスターとして知られている。固体によっては、まれになつくものもいる。
ドワーフハムスターの中でも複数飼いには最も適している。しかし相性の良し悪しがあるので、注意が必要。相性が悪い場合は一匹毎に飼育する。
寿命は2年~3年。
走りながら(または走ってから)の排尿を好む。そのためトイレの躾は出来ない固体が多い。
体は小さいが運動量のとても多いハムスターであるため、飼育の際は十分な広さを確保すると良い。
「水分をあまり必要としない」との表記が度々見られるが、他ハムスターと同じ扱いで良い。水分の多い果物・野菜なども食べる。
体が小さく、動きがすばやい(じっとしない性格)から、受診可能な動物病院が少ない。

ノーマルカラー
目の上に白いまゆげのようなものがあるのが特徴。
ホワイトフェイス
顔全体が真っ白なのが特徴。
スーパーホワイト
全身が真っ白な固体。パールホワイトやスノーホワイトだとジャンガリアンと間違えられるので、スーパーホワイトという名前にされた。
パイド
顔や背中の模様がまだらになっているのが特徴。

他のハムスターが、実験動物として人間に飼育されていたものがペット化されたものであるのに対して、最初からペットとして飼われるようになったハムスターである。
かつてはネズミの一種としては非常に繁殖しにくい種としても知られていた。雄雌のつがいで飼っても一年以上出産しないことがあり、研究用として飼育されなかったのはこのためである。近年は1匹の雄を複数の雌と交配させる養殖法が確立し、ペットショップで多く見かけるようになり、一般家庭でも容易に繁殖する個体が増えている。(ウイキペディア)

posted by 世界仰天生物日記 | 哺乳類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タガメが毒蛇のマムシを襲って捕食している様子が撮影される。兵庫県

TKY201109140121.jpg

 絶滅危惧種に指定されている水生昆虫のタガメが、毒蛇のマムシを襲って捕食している様子が撮影された。タガメが蛇を食べることは報告されていたが、マムシ相手の例は知られていなかった。

 撮影場所は、兵庫県西部の山間部にある池のほとり。8月下旬の朝、体長5センチほどのタガメに襲われたマムシが、岩をのぼってきたところを、同県在住の読者が撮影した。

 タガメは脚でマムシを抱え込み、胴体に針のような口を刺しこんでいた。「マムシは身もだえしながら苦しんでいた」という。タガメは魚などの体内に消化液を入れ、溶けた肉を吸う。撮影時もマムシを「食べていた」とみられる。asahi.com(2011年9月14日12時18分)

posted by 世界仰天生物日記 | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

闇夜に怪しく光る!しいたけに似た毒キノコ「ツキヨタケ」で4人が食中毒

94a3fd018f138c194ba9e207a00cafda.jpg
20071011-00000011-maip-soci-view-000.jpg
dc092232.JPG
tsukiyotake.jpg

 県は13日、中部保健所管内の4人が、山で採った毒キノコを食べて食中毒を発症したと発表した。県内で発生した毒キノコによる食中毒は、今年初めて。

 県県民くらしの安全課によると、30代3人と50代1人の4人グループが12日の夕食でキノコ炒めを食べたところ、約2時間半後に強い吐き気を訴えた。病院で診察を受け症状が重い2人は13日まで入院。全員が回復に向かっている。

 県は病院からの通報で覚知。同保健所の調査で、原因のキノコはシイタケによく似たツキヨタケと判明した。

 毎年秋を迎えると毒キノコによる食中毒が増える傾向にあり、同課は「知らないキノコは採ったり食べたり、周囲の人にあげたりしないよう注意してほしい」と呼び掛ける。(岩手日報社)(2011/09/14)



posted by 世界仰天生物日記 | 菌類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

遺伝子操作により、猫のエイズに耐性のある細胞を持った「緑色に光る」猫

o025504500913neko.jpg

 [シカゴ 11日 ロイター] 米国の研究チームがこのほど、遺伝子操作により、猫のエイズを引き起こす猫免疫不全ウイルス(FIV)に耐性のある細胞を持った「緑色に光る」猫を生み出した。猫エイズの感染防止のほか、人間の後天性免疫不全症候群(エイズ)研究にも役立てたいとしている。

 科学誌「ネイチャー・メソッズ」に11日掲載された今回の研究では、FIVを抑える働きを持つサルの遺伝子を猫の卵母細胞に注入し、その後受精させた。加えて、遺伝子操作を行った部分を容易に判別できるよう、クラゲの遺伝子も組み入れた。これにより遺伝子操作された細胞は緑色を発色する。

 その結果、遺伝子操作された卵母細胞から生まれた猫の細胞を採取したところ、FIVへの耐性を示したという。また、これらの「耐性」を持つたんぱく質は、猫の体内で自力で作られていた。

 また、遺伝子操作した猫同士を交配させたところ、生まれた8匹の子猫にも操作された遺伝子が引き継がれていた。

 研究を率いたメイヨー・クリニック(米ミネソタ州ロチェスター)のエリック・ポエシュラ博士は、今後は遺伝子操作した猫を実際にFIVに接触させ、ウイルスへの耐性があるかを確かめたいとしている。(毎日新聞)2011年9月13日 10時06分

posted by 世界仰天生物日記 | 哺乳類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

南米産外来魚「タイガーシャベルノーズ」琵琶湖で初捕獲

20110910082545oonamazu.jpg

 滋賀県水産試験場(彦根市)は9日、南米原産の外来魚タイガーシャベルノーズ1匹が琵琶湖で初めて捕獲されたと発表した。「生態系や漁業に悪影響を与える危険性がある」として、飼育者に放流しないよう呼び掛けている。

 同試験場によると、8日に大津市下阪本の沖合の琵琶湖に設置されたブルーギルなどの外来魚駆除用の定置網で捕獲された。タイガーシャベルノーズはナマズの仲間で体長1メートルまで成長するが、捕獲されたのは52センチで体重1.35キログラムだった。

 同試験場は「観賞用として飼っていた人が放流した」とみている。人に危害を与える恐れはないという。県内で確認されたオオクチバスとブルーギルを除く外来魚は37種類になった。【 2011年09月10日 08時26分 】(京都新聞社)



posted by 世界仰天生物日記 | 淡水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
移転しました
http://gyo-ten.doorblog.jp/


【緊急】Apple iPad2 64GB 3G+Wi-Fi モデル 海外SIMフリー版 Whiteが衝撃の価格で登場!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。